既存のCD枡を

カバー・グレーチングで補修。






既存のCD枡のグレーチング(またはコンクリート蓋)を取り外し、高性能のコンクリート穴あけ機、ヒルティ・ドリルで、コンクリートに穿孔を施します。
コンクリートの穴に樹脂を注入し、特殊長ナットを取り付け、固定します。
コンクリート穴に埋め込む特殊長ナットです。
アングルつきのカバー・グレーチングを装着します。
六角ボルトでカバー・グレーチングを固定します。これによりグレーチングの跳ね上がりやガタつきを防ぐことができます。
ボルトの頭はグレーチング表面から突出しないので、歩く人や自転車にとっても安全です。



【1】側溝の補修    【2】CD枡の補修    【3】段差の改善    【4】コーナーの施工

お問い合わせ     トップへもどる