駐車場入口の段差を

カバー・グレーチング工法で改善。





駐車場の入口の段差を改良する工事です。写真は、すでにカバー・グレーチング工事を行った箇所に、新たに段差をなくす鉄板の取り付け工事を行ったものです。

高性能のコンクリート穴あけ機、ヒルティ・ドリルで、コンクリートを穿孔します。
特殊長ナットとワッシャ、六角ボルトです。
コンクリート穴に特殊長ナットを収めるところです。
隙間に樹脂を注入し、特殊長ナットを固定します。
鉄板の裏側には、鉄板を取り付ける六角ボルトの受けが設けられています。これはコンクリート穴にぴったりと収まる突起になっています。
鉄板を装着します。この状態ですでに穴と突起と特殊長ナットが噛み合っており、ガタつきません。
六角ボルトで鉄板を固定します。
ボルトの頭は鉄板の表面から突出しません。



【1】側溝の補修    【2】CD枡の補修    【3】段差の改善    【4】コーナーの施工

お問い合わせ     トップへもどる