狭い道路を有効に活用し

人と車が安全に行きかう

アートな道。




 車の保有台数が年々増加する日本国内において、コンクリート2次製品側溝は欠かすことのできないものとなりましたが、度重なる輪荷重・衝撃・摩耗による破損は、どうしても避けられない問題です。
 こうしたことからLアングルやZアングルといったコンクリート面を保護した鋼製グレーチング等が考案されましたが、濡れた路面での滑りや蓋と受け枠の隙間に小石や泥などが蓄積する景観の悪さ、反り上がり、溶接のはがれ等々、解決しなければならない問題点が新たに起きています。
 当社が開発したカバー鉄蓋『カバテツ』は、コンクリートの露出部分を全て鉄蓋でカバーし、人と自然に優しくバリアフリー対策にも最適な製品です。
 自信をもっておすすめする新製品『カバテツ』が、安全に人と車が行きかう道づくりをお手伝いいたします。

 カバー鉄蓋「カバテツ」は、従来のコンクリート蓋やグレーチング蓋での問題点を全て克服した、“21世紀型”の新しい製品です。2001年から提供を始めて以来、ご好評をいただいております。




「カバテツ」の詳細と特長 >>


お問い合わせ     トップへもどる